スポンサーリンク

遊戯王の最新のトップデッキは?大会入賞デッキまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。今回は遊戯王の最新のデッキまとめという内容でお話していきます。よろしくお願いします。

遊戯王といえば15年以上前から流行っていたカードゲームです。そんな遊戯王の最新デッキについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

遊戯王2017年トップカード

2017年7月のリミットレギュレーションが発売され様々なショップで新制限を適用した大会が開催されています。

新制限環境で結果を残したデッキレシピをまとめます。

大会に参加する予定の方はぜひデッキ構築の参考にしてください。

青眼

青眼は遊戯王DMの海馬瀬人がしようすることでも有名な3000点打点テーマです。

禁止制限の影響をほとんど受けていないため、入賞が報告されています。

青眼はかなり長いところトップ環境にいますね。

ABC

星8 光属性の機械族。攻撃力3000守備力2800です。
「A-アサルト・コア」+「B-バスター・ドレイク」+「C-クラッシュ・ワイバーン」
自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手ターンにこのカードをリリースし、
除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

真竜

レベル9の真竜皇(凰)は地・水・炎・風属性の4体が存在し、攻守の合計が4800であり、以下の共通する起動効果・誘発効果を持つ

2017年7月1日に適用されたリミットレギュレーション

禁止カード デュエルでは使えない
制限カード デッキに同名カードは1枚まで
準制限カード  デッキに同名カードは2枚まで
制限かいじょされたカード

禁止カード

禁止カードは59枚です。

制限カード

制限カード65枚

準制限カード

準制限カードは23枚

制限かいじょされたカード

制限かいじょされたカード8枚

→これらの一覧はこちらから確認できます。

まとめ

新制限環境の大会で入賞したデッキをまとめてみました。

今の所、青眼、ABC、真竜が最強のようです。

この辺はアマゾンでも、メルカリでも売っていますのでその辺で揃えてしまうのがいいでしょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*