スポンサーリンク

高安晃が大関昇進で四股名は改名するのか?また初優勝はできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高安晃が大関昇進目安となる33勝を超える34勝をあげて
晴れて大関になりましたね。

来場所は新大関
高安晃に期待したいところですね。

スポンサーリンク

高安晃のこれまで

高安は最近では珍しく中学卒業と同時に角界に入りました。

それが2005年5月場所でした。

そこから6年あまりの月日をようし

新入幕は2011年7月場所。

まだ新入幕の時点で21歳くらいの若武者。

そこからさらに6年くらいの歳月をようして
2017年はついに大関取りに。

1月場所で小結で11勝4敗

3月場所で関脇で12勝3敗

5月場所の大関取りの場所で11勝4敗

大関昇進の目安となる3場所合計33勝を上回る34勝をあげました。

しかも、5月場所では横綱日馬富士にも勝って
文句なしで昇進を決めました。

高安晃が大関昇進で四股名は改名するのか?

それでは本題の高安は大関昇進でシコ名は改名するのか?
というところ。

問題となっているのは大関なのに安いという漢字を使っていること。

最近では日馬富士が大関昇進する前までは
「安馬」という四股名でした。

しかし、
いつまでも「安い馬ではいけない」
と思い大関昇進と同時に日馬富士に四股名を変えました。

結果として日馬富士は横綱まで登り詰めていますからね。

高安も本来は大関になるのにいつまでも安いではいけないと思うんです。

ただ、

高安というのは本名で本人も思い入れが強いんでしょうね!

本名で大関以上は過去にいたのか?

大相撲の長い歴史を見てみると
本名で大関以上に上り詰めた方はいるのか?

きになるところです。

調べてみたところ

・輪島
・北尾
・出島

の3人でした。

本名のまま横綱になったのは
輪島のみ。

北尾はのちに横綱昇進と同時に双羽黒に改名します。

出島は病気の影響もあり2年程度で大関から陥落。

ジンクス的にも本名の大関はよくなさそうですね。

それに安いは品格としてもちょっとですね。

高安の四股名は変更せず

これは本人と家族が決めたことなので
これはこれで良かったのかなとは思います。

まあ僕的にはかっこいい名前に変えてもらいたかったなぁ。笑

高安晃は初優勝できるのか?

高安は初優勝できるのでしょうか?

今場所の高安の相撲を見ていると
まだ白鵬とは差を感じますね。

白鵬を安定的に倒せない限りはなかなか優勝。

そして横綱昇進は見えてこないかもしれないですね。

ただ、高安は稀勢の里と同部屋。

稀勢の里と本場所で対戦することもないし、
稽古も稀勢の里と熱心にできます。

これはかなりいい条件ですね。

ぜひとも初優勝してもらいたいです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*