スポンサーリンク

菊池雄星がまた2段モーションをとられる!その時の審判や動画比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

菊池雄星がまた2段モーションを取られました。

前回の登板で1試合で2度2段モーションを取られて修正してきたようですがそれでも2段モーションを取られてしまったようです。

スポンサーリンク

菊池雄星が2段モーションとられる

菊池雄星が2段モーションを実際に取られた動画を見てみましょう!

これが前回の登板の時のものです。

あー確かにこれを見ると2段モーションっぽいですね。

8月24日の登板時
こちらは初級で取られてしまったようです。

確かに足をピクピクさせているのでこれがボークを採られたと言うことですかね。

ではなぜこの時期に急にボークをとられるようになったのでしょうか?

春先の投球も見てみましょう!

菊池雄星の4月の投球

これが4月のようです。

確かにこれを見るとフォームが4月と8月では変わっていますね。

これは今になって取られた理由がわかるような気がします。

僕はこれを見る前はどちらかというと審判が難癖をつけているのかなーと思っていましたがこれを見ると全然違いますね。

むしろ菊池の投球フォームが明らかに変わっています。

菊池の2段モーションをとった審判は?

本日にボークをとった球審は真鍋球審と言う方のようですね。

本名は
真鍋勝己というそうです。

調べてみたところ元プロ野球選手なんですね!

審判にプロ野球選手上がりがいるのは僕は初耳でした。

もしかしたらそういう方が多いのかもしれませんね。

ちなみに真鍋球審は1986年ドラフト6位で阪神に入りました。
投手と外野手のようです。

最後に

投手は大変なポジションなのでシーズン中に投球フォームが変わるなんてこともあるんでしょうね。

ただ不正投球は不正投球。

セットポジションで投げていくなど工夫していくしかないでしょうね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*