スポンサーリンク

白鵬の引退はすぐそこ?引退が近づいている5つの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は

白鵬の引退はすぐそこ?引退が近づいている5つの理由とは?

という内容でお話しします。

スポンサーリンク

白鵬の引退はすぐそこ?

白鵬といえば歴代でも最多の優勝回数。
(37回)

全勝優勝が12回。歴代1位

年間最多勝が9回 歴代1位

など歴史的に見ても最強横綱の呼び声が高いです。

そんな白鵬ですが、2017年5月現在5場所連続で優勝を逃し、
限界説が囁かれ始めています。

そんな白鵬の限界が近づいている5つの理由をお話ししていきます。

白鵬の引退が近づいている5つの理由とは?

僕が白鵬の引退が近づいていると思う理由は

・休場が増えてきている
・終盤の失速が目立つ
・足腰の衰え
・下位力士にも取りこぼし
・気力の衰え

この5つになります。

それぞれについて解説していきます。

休場が増えてきている

白鵬は休場も怪我も非常に少ない力士です。

そんな白鵬がここ5場所で
2回も休場をしているんですね。

横綱の引退が近づいている時期
というのは休場が増えてきます。

千代の富士にしても

最後の1年は3度休場。

貴乃花にしても5場所休場。

このように名力士といえど、
晩年は休場が増えてくる。

これが一つ目の理由になります。

終盤の失速が目立つ

白鵬はもともと15日間を通して安定した強さを
発揮する力士でした。

そんな白鵬がここ数場所は終盤に失速するケースが
目立ってしまうんですね。

2016年7月場所は終盤の5日で2勝3敗。

11月場所は終盤の5日で3勝2敗

1月場所は終盤の5日で3勝2敗。

確かに横綱、大関との対戦が増えるのが
終盤の5日間です。

昔の白鵬ならそれでも全部勝つのが普通だったのに
最近は負ける機会が増えてきてしまっているんですん

足腰の衰え

白鵬はもともとすごく足腰がいい力士でした。

叩かれようが、いなされようがどんな体制になっても
なんとか勝ってしまう。

それが白鵬です。

そんな白鵬が
2017年の3月場所では

正代に突き落としで敗れたり

勢にも寄り倒しで敗れたり

かなり足腰が弱くなってきているなぁと感じます。

これも2016年の7月場所で
右足の親指が骨折してしまったのが原因かなと。

下位力士にも取りこぼし

白鵬といえば下位の力士への取りこぼしは滅多にない
安定感も抜群の横綱でした。

それこそ初顔との対戦成績は
2017年の7月場所で御岳海に勝って対初顔戦が
28連勝となります。

衰えを感じるのはここからです。

1月場所では初顔の荒鷲に敗れたり。

貴の岩にも初顔で敗れて稀勢の里に優勝をされたりと。

取りこぼしは確実に増えています。

気力の衰え

気力の衰えも心配されるところ。

これは2017年1月場所3月場所と
稀勢の里が連覇したところにあると思うんです。

白鵬は八百長疑惑で場所が中止された時も
一人横綱の時も大相撲を支えたという自負があります。

それが稀勢の里が優勝したことで
稀勢の里フィーバーになっていることが
気持ちよくないのかなぁと。

もうやってられない!
と思ってしまってもしょうがないかなと。

ただ、強い力士を倒したいという気力が
残っているなら稀勢の里の横綱昇進は
プラスに働くかもしれませんね。

白鵬の引退はすぐそこ?

はい、今回の5つの理由からも白鵬はいつ引退しても
おかしくないような状態にはなってきました。

正直十分優勝したのでもうやめてしまってもいいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*