スポンサーリンク

茂木栄五郎内野手が楽天生え抜きで初の2桁本塁打達成!過去の最多本塁打は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茂木栄五郎内野手が楽天生え抜きで初の2桁本塁打を達成されました。

それもまだ5月28日というスピードで。

今後ますます期待ができそうな茂木栄五郎内野手についてみていきましょう!

スポンサーリンク

茂木栄五郎内野手とは?

茂木栄五郎内野手は2015年のドラフト3順目で
楽天に入団した選手です。

茂木栄五郎は高校は桐蔭学園高校(神奈川)
大学は早稲田大学。

大学でも1年生からサードでレギュラーで活躍していた選手です。

3年秋に首位打者
4年春に本塁打、打点でリーグトップ。

そして、ベスト9にも2度輝くなど
大学時代の実績は申し分ありません。

そして、プロ入団後は
本職のサードからショートにコンバートされます。

そして、
プロ1年目から

117試合に出場し
安打118
本塁打7
打点40
盗塁11
打率278

と新人王を獲得してもおかしくないような活躍をされました。

しかし、

チームが優勝争いとは無縁のせいもあり
日本ハムの高梨投手に持って行かれてしまいました。

それでも新人でこれだけ活躍していたら十分すぎますね。

ただ、茂木栄五郎は攻撃だけにヒューチャーされていますが
守備もめちゃめちゃうまいんです。

例えばこんな感じ。

このように走、攻、守が揃っている選手です。

茂木栄五郎内野手が楽天生え抜きで初の2桁本塁打達成!

そして、茂木選手は今年2017年の5月28日に
今シーズンの本塁打が10本になりました。

これって実は楽天の大記録なんです。

楽天生え抜き選手はこれまで二桁本塁打を放って選手は
いませんでした。

本塁打王を獲得した
山崎武司選手は生え抜きではないですからね。

今年で楽天創立13年目ですが
それで初めての生え抜き二桁本塁打って
どれだけ生え抜きが育っていなかったんだ!

という感じですね。笑

ただ、茂木選手は完全にブレイクしていますね。

5月28日時点で

安打53
本塁打10
打点32
打率325
盗塁1

と昨年と比べてもさらにスケールアップしました。

シーズンまだ1/3程度ですから
これから20本塁打くらいは達成してもらいたいですね。

楽天これまでの生え抜きシーズン最多本塁打は?

ではこれまでは一体誰が生え抜きでシーズン最多本塁打を
放っていたのでしょうか?

これまでの最多は

・岡島豪郎
・島田宏明

で両選手とも9本塁打が最高。

岡島豪郎は2014年に。
島田宏明は昨年に達成されました。

ここが最多は寂しいですね。

特に島田宏明は今年は
すでに5本塁打を放っていますから。

今シーズンは十分達成できそうですね。

楽天の生え抜きスラッガーが出てこなかった理由

楽天の生え抜きスラッガーが出てこなかった理由の一つは
チームがまずは投手力をつけること。

これを最優先にしたからなんですね。

2005年のプロ野球チーム創立以来ドラフト1巡目を見てみると

2004年自由枠で一場靖弘。投手。

2005年

高校生

1巡目 片山博視 左投手

大学、社会人ドラフト

1巡目

松崎伸吾 左投手

2006年

高校生ドラフト

1順目 田中将大 投手

言わずとしれたスター

大学社会人ドラフト

1巡目

永井怜

2007年

高校生ドラフト

1順目 寺田龍平 投手

目が出ず解雇

大学社会人ドラフト

1巡目

長谷部康平 左投手

入団前話題になるが目が出ず解雇

2008年

1巡目  藤原紘通 投手

3年で解雇

2009年

1巡目 戸村健次 投手

2015年の7勝が最多

2010年

1巡目 塩見貴洋 左投手。

2011年

1巡目 武藤好貴

ほとんど目が出ず解雇

2012年

1巡目 森雄大 左投手

時々先発として活躍

2013年

1巡目 松井裕樹 左投手

抑えとして活躍中。

2014年

1巡目 安楽智大

先発として活躍

2015年

1巡目 オコエ瑠偉 外野手。

ドラフト1巡目の野手はオコエ瑠偉が今のところ
最初で最後。

2016年

1巡目 藤平尚真 横浜高校

こう見ると明らかに投手に偏って指名をしているのが
わかりますね。

確かにチームのどこから強化して行くと行ったら
やはり投手力というのはわかります。

しかし、これはちょっとやりすぎですね。笑

これが生え抜きスターが出てこなかった理由でしょう!

しかし、

今年ブレイクを果たしている
ソフトバンクの上林誠治。

→上林誠治

彼は楽天の本拠地。

仙台育英の4番打者のドラフト候補でした。

それこそ全国的にも注目されていた選手です。

その選手がドラフト4巡目でソフトバンクに入団して活躍しています。

結果論ですがもし、
ドラフト3順目でもとっていたら今頃は
地元のスターがいたかもしれないですね。

もったいないです。

 

2017年の楽天は絶好調

2017年の楽天は絶好調。

まさかのパリーグの首位に。

このまま優勝してくれたら最高ですね。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*