スポンサーリンク

高校野球2017年宮城大会の展望!トーナメント表も公表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今回は

高校野球2017年宮城大会の展望!トーナメント表も公表!

というテーマで話していきます。

スポンサーリンク

2017年宮城大会のトーナメント

こんな感じの組み合わせになります。

宮城県大会の開幕は

7月14日

順調に行けば7月30日までで代表校が出揃うという流れです。

強豪校が分散しているのでベスト8以降がかなり面白い展開となりそうですね。

2017年宮城県大会の展望

僕は、ホームランと高校野球報知を購読しています。

どちらの雑誌でも本命には東北高校を押しています。

今年の東北高校は
春の宮城県大会をけが人続出ながら
厚い選手層で優勝しました。

急成長の4番布施。

葛岡を中心に2年生3投手が中心。

特に葛岡は2年生左腕で182センチを誇る
大型サウスポーでかなりいいピッチャーですね!

ここが本命という予想が多いです。

組み合わせ抽選を見ても
準決勝くらいまでは敵は特に見当たりません。

準決勝で利府戦が順調に行けばあって
決勝で東陵対仙台育英の勝者と対戦という予想が
かなり現実的です。

ただ、

僕は本命に仙台育英を押します。

今年の仙台育英は
春の甲子園には出場しています。

しかし、

1回戦で福井工大福井に先制しながら
ミスで敗退しました。

エース長谷川の自滅という印象でした。

ただ春の東北大会ではエース長谷川がまた一皮むけたような
ピッチングをされていました。

決勝の光星学院相手に5安打完封勝利をされました。

正直東北レベルでは最強の安定感を誇る投手だと思うんですよね!

問題は打線の方です。

上位打線は安定感があっていいのですが
6〜8番がかなり弱いです。

6番捕手渡辺
7番ファースト前田
8番セカンド斎藤

ここをなんとかするしかないです。

キャッチャーに尾崎が入ればかなり打線の強化になると思うのですが
佐々木監督が考えることなのでそこは考えがあるのでしょう!

そして、僕的には若山くんもファーストで使ってもらいたい。

そうしたらかなりの強力打線になれると思うんですがね!

僕は期待値も込めて仙台育英を本命押しします。

東陵も侮れない!

東陵もここ数年かなり力をつけてきています。

今年の春の宮城大会でも

仙台育英を相手に

5−1で勝利したり

東北大会でも

青森山田に2−1で勝利したり
かなりの強敵と言えます。

ただ

東陵は秋と春は強いのですが
夏になると取りこぼす癖があります。

今年こそは勝ちたいところですね。

最後に

今年の宮城県大会は昨年に引き続き3強の対決となりそうです。

昨年に引き続き東北が優勝するのか?
仙台育英が2年ぶりの優勝か?
東陵の優勝か。

早く宮城県大会が始まるのが楽しみですね!

それでは失礼します。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*