スポンサーリンク

仙台育英の新チーム2018年世代のチームについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。秋の仙台育英について解説していきたいと思います。

2017年夏は大阪桐蔭に勝利してベスト8に行くなど記憶に残る世代でしたね!

上林世代にも春優勝の浦和学院を破ったりとミラクル感は相変わらずありますね。

スポンサーリンク

仙台育英の新チーム

今年の仙台育英の新チームはどうなのでしょうか?

甲子園ベスト8のメンバーは

鈴木サード2年がレギュラーとして残りましたね。

あとはベンチいりしていたキャッチャー阿部2年

この2人を中心ということはまちがいないでしょう。

ただ、投手でべんちいりはなしとちょっと不安はありますね。

仙台育英新チームの期待の選手

投手

津花 幸弥
シニア時代にU-15入りした投手

佐々田 衣吹
秀光中等部時代に全国準優勝した原動力となったエース

外野手

高橋 翔
中等部では二年からレギュラーで3年の時は軟式のU-15入りし5番バッター

こんなところになります。

ちょっと東北高校と比べると戦力不足感はありますね。

東北高校

ちょうど東北高校との初対決は8月の30にちにありますので楽しみにしましょう!
それで今年の東北高校との差がわかると思います。

奇しくも今年の仙台育英の公式戦の初戦です。

仙台育英の初公式戦

仙台育英の初の公式戦は8月30日の東北戦

7-6で仙台育英の勝利。

内容は

仙台育英投手

大山(9)3回5失点
津花(11)2回1失点
田中(10)1回無失点
大栄(15)1回無失点
鈴木(5)1/3回無失点
佐々田(1)1と2/3回無失点

大山、津花はまだまだ安定していませんでしたが
エース佐々田と2番手田中は無失点ピッチングは収穫ですね。

打線はまだまだ発展途上という印象。

メンバーは

1鈴木 サード 右投げ左うち  163センチ
2阿部 キャッチャー 右投げ左うち 165センチ
3小関 ファースト 右投げ右打ち 181センチ
4佐藤 侑 センター 右投げ左うち 175センチ
5大山 ピッチャー 右投げ右打ち 179センチ
6熊谷 レフと 右投げ左うち 175センチ
7笹川 セカンド 右投げ右打ち 173センチ
8澤田 ショート 右投げ左うち 168センチ
9斉藤 ライト 右投げ右打ち 168センチ

東北高校との初対決を制しました。

ただ、実力的にはまだまだ東北高校が上という印象でした。

1年生の大栄もいいピッチャーでした。

好材料も多かったですね。

仙台育英のメンバーの出身中学についてはこちら

2017年秋の東北高校野球

2017年の秋の東北高校野球は

青森の

光星学院

宮城の

東北高校

この2チームが中心となっていきそうな予感がしています。

秋の東北大会は

ここ数年は

宮城と青森が交互に覇権を取り合っているという状況が続いていますからね。

順番的には昨年は仙台育英が撮ったので今年は青森県勢の予感です。

ただし、例年と違い今年は3チーム甲子園に出場できますので
どこが出場できるのか楽しみですね!

それではまた詳しい情報が入り次第載せていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*