スポンサーリンク

馬場皐輔投手は今年のドラフトで指名される可能性は?馬場皐輔の現在地を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は

馬場皐輔投手は今年のドラフトで指名される可能性は?馬場皐輔の現在地を確認

という内容で仙台大学の馬場投手についてお話していきます。

スポンサーリンク

仙台大学の馬場投手とは?

仙台大学の馬場投手は
最速153キロを出す速球派投手。

高校は仙台育英。

世代としては上林誠知と同じ年。

2013年選抜甲子園のベスト8メンバーです。

当時は馬場投手と鈴木投手という2枚看板でした。

鈴木投手が背番号1馬場投手は背番号10と扱いとしては2番手。

当時は最速も140キロ前後とそこまでいい投手という印象はありませんでした。

ただ、投球フォームは当時からかなり豪快。

そこからかなり成長したんですね。

馬場皐輔投手は今年のドラフトで指名される可能性は?

最速153キロは十分にドラフト候補と言えるでしょう!

それに僕が愛読している「アマチュア野球」でも
B評価。

変化球はスライダー、カーブ、フォーク。

馬場投手を5段階評価すると

速球5
変化球3
コントロール3
将来性4
フィールディング3
完成度3

といったところです。

完全な未完の大器といった印象ですね。

ただ、プロは小手先の完成された投手よりも
将来性豊富な選手の方が需要があります。

まさに馬場投手のような選手。

馬場投手のスカウトからの評価

馬場投手はスカウトからの評価も上々のようです。

4月10日の東北工大戦。

この日仙台大のスピードガンで149キロを記録。
広島・近藤スカウトは「この時期にこれだけ投げられた。
(ドラフト)上位候補と言ってもいい」。巨人・柏田スカウトは変化球のキレに「指先の感覚がいい。
教えられるものじゃない」と話した。

などなかなかいい評価を受けています。

僕自身も馬場投手は高校時代から見てきただけに
ぜひともプロに入って欲しいなと思ってます。

2013年の仙台育英同級生がすごいことに

仙台育英の2013年の同級生が目覚ましい活躍をされているんです。

ソフトバンクの上林誠知はご存知だと思います。

→上林誠治

彼が4番で活躍していた年。

1番を勤めていた熊谷敬宥(立大)が立教大学のキャプテン。

6番を打っていた小林遼が富士大のキャプテン。

当時、2番を打っていた、東北福祉大・菊名裕貴内野手もキャプテン。

と同世代に3人もキャプテンを排出しているんです。

これってめちゃめちゃすごいことなんです。

これは高校時代の佐々木純一郎監督のやり方がよかったんでしょうね。

馬場投手はキャプテンではないですが
今年しっかりと活躍をしてプロ入りして欲しいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*