スポンサーリンク

ウィンブルドン2017男子8強のうち7強出揃う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンブルドン2017がかなり熱くなっていますね!

まさかのあの人が負けたりしたので是非見ていってください。

スポンサーリンク

全仏王者ナダル敗退

絶対王者ナダルがミュラーに負けてしまいました。

確かにミュラーは芝シーズンは強いですからね。

嫌な予感は確かにあったんです。

ナダルは世界ランク2位
ミュラーは世界ランク24位

しかもここまでナダルはセットすら落とさずにきていた絶好調。

そんなナダルでも芝のミュラーには苦戦。

ナダル対ミュラー1セット

第一セットは6−3でミュラーが撮りました。

この時点で嫌な予感が出てきました。

ナダル対ミュラー2セット

第2セット。こちらもミュラーの勢いは衰えず

6−4でミュラーが撮りました。

これでセットカウント2−0とミュラーが後1セットまで追い詰めます。

ここからナダルの反撃が始まります。

ナダル対ミュラー3セット

3セット目はナダルが6−3で奪い返します。

これでセットカウント

2−1

ナダル対ミュラー4セット

第4セットはここでもナダルが
いい調子。

6−4でとってついにセットカウント

2−2に並びます。

ナダル対ミュラー5セット

5セット目の最終セットは

タイブレークの末

13−15でミュラーがとってナダルが敗退。

いやーすごい試合でした。

ただ、ナダルが負けてしまったのは非常に残念です。

正直、ナダル対マレー戦が見たかった。

ここからはミュラーの応援に切り替えていきます。

では他のウィンブルドンの結果も見ていきましょう!

ウィンブルドン7強きまる

サムクエリー

サムクエリー対ケビンアンダーソンの試合は

セットカウント3−2で

サムクエリーが勝利。

→サムクエリー対ケビンアンダーソン

チリッチ

チリッチ対バウティスタ戦

こちらはセットカウント

3−0でチリッチの圧勝。

この試合が一番安定していました。

→チリッチ対バウティスタ戦

アンディ・マレー

マレー対ペールの試合

ペールがなかなかいい試合をしていましたが
要所をマレーが取る展開で終わってみれば

セットカウント

3−0でマレーの勝利。

→マレー対ペール戦

ベルディハ

ティエム対ベルディハ戦。

世界ランクは

ティエムが8位
ベルディハが15位と

そこまでの差はないような対戦。

ベルディハは4大大会で全てベスト4経験のある
経験豊富な選手です。

ただ、優勝はありません。

対するティエムは
23歳の新鋭!

これからの時代を担う人物です。

4大大会は全仏オープンのベスト4が最高。

試合はフルセットの末に

ベルディハが3−2で撮りました。

ラオニッチ

ラオニッチ対ズベレフ戦。

こちらもフルセットの末に

ラオニッチが撮りました。

フェデラー対ディミトロフ

フェデラー戦ここも安定でした。

6−4
6−2
6−4

でフェデラーのセットカウント

3−0で圧勝。

残る1試合

ジョコビッチ対マナリノ戦は延期になりました。

7月11日の20じから始まるみたいです。

楽しみですね。

準々決勝の組み合わせを振り返ろう!

一番面白い準々決勝。

組み合わせは

マレー対サムクエリー

ミュラー対チリッチ

ラオニッチ対フェデラー

ベルディヒ対 マナリノとジョコビッチの勝者。

顔ぶれが面白いですね!

ミュラー対チリッチ
ラオニッチ対フェデラー

この辺が接戦で注目です。

それではまた結果がわかり次第更新します。

失礼します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*